HOME大学受験の方大学院受験の方企業の方研究者一覧行事案内お問い合わせ
電気電子工学コース
電気電子工学専攻
研究室・教員紹介
年次報告書
就職情報
教員公募
よくある質問
連絡先一覧
キャンパスマップ
在学生用ページ
関連サイト
電気系同窓会
数電機連携プログラム
過去の情報

電子情報システム工学科(学部),電子情報システム工学域(大学院)

〒192-0397
八王子市南大沢1-1
首都大学東京大学院
理工学研究科
電気電子工学専攻
システムデザイン学部
電子情報システム工学域
TEL : 042-677-1111
FAX : 042-677-2756

HOME > 企業の方 > 教員公募
教員公募

教員公募は行っていません.

電子情報システム工学科および電子情報システム工学域の教員公募に応募される方へ

本工学科および本工学域の教員公募に応募するに当たって,応募者の皆様に事前に知っておいていただきたい,本学および本工学域の状況を説明します.なお,以下の記述における職位は,本年度における本学の職位に基づいています.

●本学全体に関する事項
【教授会について】
本学では,教授会は准教授以上の教員で構成されています.
【大学院の指導担当について】
本学では,准教授以上の職位の教員は,着任後の審査を経て,博士課程の指導教員および博士論文審査の主査となることができます.
●本工学域(本工学科)に関する事項
【教育・研究単位について】
本工学域の特徴として,教員の出身機関の多様さが挙げられます.国内の様々な大学・企業・研究所の経験者が在籍しています.
【講義・演習・実験等の担当について】
准教授以上が担当する講義のコマ数は,平均して学部科目が週2コマ程度,大学院科目が週1コマ程度となっています.助教は,主として週2コマ程度の実験・演習を担当しています. 担当する講義科目は,それぞれの教員の専門分野を考慮して調整されます.また,大学院の講義は,いわゆる輪講形式ではなく,時間割に従った講義が行われ,成績評価も厳格に行われています.
【学内運営(学内委員会)について】
教務委員,入試委員,広報委員,大学院委員など,学内運営を円滑に行うための各種の委員会があり,工学域内の教員がこれらの職務を分担・協力して,学内運営を行っています.また,工学域あるいはコース内は,准教授以上の教員によって構成される専攻会議(コース会議)を中心に,教員全体が互いに協力して,教育・研究活動の活性化に努力しています.
【卒業研究学生および大学院生の配属について】
学部の卒業研究生(本コースでは,科目名として「特別研究」と呼んでいます)は,3年次の終わりに希望調査が行われ,4年次からそれぞれの研究室に配属されます.配属学生は,研究室ごとに平均化されるように調整されます.博士前期課程(修士課程)の大学院生の配属は,1学年・1研究単位あたり,3名以内となっています. ここ数年の学部から大学院への進学率は,7割強となっています.
 

ページのトップへ戻る