HOME大学受験の方大学院受験の方企業の方研究者一覧行事案内お問い合わせ
コース(学部)案内
コースの沿革と理念
カリキュラム・講義内容
学部入試案内
キャンパスライフ
就職実績
キャンパスマップ

電気電子工学選考(大学院)電気電子工学コース(学部)

〒192-0397
八王子市南大沢1-1
首都大学東京大学院
理工学研究科
電気電子工学専攻
TEL : 042-677-1111
FAX : 042-677-2756

HOME > コース(学部)案内 > コースの沿革と理念
コースの沿革と理念
電気電子工学コースの歴史

電気電子工学コースの前身である都立大学電気工学科は,1949年の都立大学開学時に設置され,60年の歴史を持っています.1991年現在の南大沢地区に移転に伴い,電気工学科に加え,電子情報工学科を設置しました.2005年の首都大学開学に伴い,情報系の一部を日野校舎(旧科学技術大学)に移し,電気電子工学コースとして新たな一歩を踏み出しました.現在では,電力,半導体,回路システムを柱として,電気電子工学に関し,幅広く学べる環境が整っています.2006年4月には,大学院理工学研究科設置に伴い,電気電子工学専攻(大学院博士前期,後期課程)が設置され,さらに深い知識,技術を身につけることができるようになっています。

電気電子工学コースの理念

電気電子工学コースでは,「エネルギー,材料,デバイス,システムを基盤として,人類や産業の健全な発展に寄与できる専門的能力,リーダーシップを備えたエンジニア教育」を理念としています.更には,「自らの専門を基盤に,関連分野や異文化をも達観でき,社会的教養,倫理観を生涯探求し続け得る素養を持った人材教育」も目的としています。

電気電子工学コースの教育

電気電子工学コースは,主として電気エネルギーの発生・変換・伝送・制御や電子デバイス/材料の研究開発に関わる分野の教育を行います.
このような分野に対する産業社会からの期待と要求は,現在の技術課題解決に関するものばかりでなく10年,20年後を見据えたものをも含み,今後もますます高まっていくと考えられます.本コースでは,このようなニーズに果敢に対応できる人材を独自のカリキュラムで育成します.

電気電子工学コースの学生定員



電気電子工学コースの学生定員:1学年 40名.(推薦,一般入試など全ての入学者の合計です)
電気電子工学コースの教員数:22名.
学生数と教員数の比率=約1.8,すなわち1名の教員が担当する学生は2名以下であり,充実した教育体制を維持しています.
 

ページのトップへ戻る