首都大学東京 都市教養学部 理工学系 化学コース
コース長からのご挨拶
コース長からのご挨拶

    人類における化学の起源は、燃焼という現象の発見であると言われています。燃焼現象は可燃物(有機物など)が、空気中で光や熱を発しながら激しく酸化する現象であることから、驚きを持ってとらえられました。火の発見を契機に、金属精錬や冶金技術が発展し、後の錬金術の研究による物質の本質を理解しようという試みにつながりました。今日では、化学は上記のような物質の本質や変換原理の理解にとどまらず、宇宙化学、大気化学、環境化学、生物化学など広範な研究対象をもつ大きな学問分野に発展しています。皆さんの生きる実社会で、化学が果たす役割がとても大きいことはご存知のことと思います。生活に役立つ有機材料や環境問題の解決に必要な科学技術、病気の治療法や新薬の開発など、化学の役割はどんどん広がっています。しっかりとした基礎化学の教育・研究が、皆さんの身近な場所で活躍する科学技術の基礎となっています。

    首都大学東京の化学コースと大学院の分子物質化学専攻では、理学的視点による基礎化学の教育と研究を推進しています。教育プログラムとして、専門領域の化学の主要分野である、無機化学、有機化学、物理化学、生物化学の4分野を基礎から万遍なく学べるよう、授業や演習、実習科目を提供しています。皆さんにはそこでしっかりと基礎を学習してほしいと思います。4年次には、これまで学んだ知識を活かし卒業研究に取り組みます。当専攻には、様々な化学分野に広がる12の研究室があります。12の研究室のテーマの中から、自分の知的好奇心に合った研究領域をぜひ見つけてください。

    学生の皆さんには、化学だけでなく幅広い分野に興味を持って学生生活に取り組んでほしいと考えています。学部1、2年では、化学以外の分野も教養科目として選択できます。化学という学問分野は境界領域を含めどんどん広がっています。幅広い教養を身につけておくことは、将来きっと役に立つことでしょう。歴史や文学などの文系分野の教養であっても、将来国際的なコミュニケーションで役立つかもしれません。放課後などは、サークルや運動会に所属してスポーツで汗を流すのも良いでしょう。当専攻の教育目標は、広い教養と興味を持ち自分で判断し研究を推進できる自立した研究者を育成することです。そのためには、専門の化学はもちろんのこと、広い分野に興味を持ち勉学に臨んでほしいと思います。当専攻での教育や研究に関して興味のある方は、大学説明会や大学院説明会等の企画が用意されていますので、ぜひお越しください。

平成28年度・化学コース長/分子物質化学専攻長
教授 廣田 耕志